電話占いの流れとメリット

占いといえば、直接占い師の方に水晶やタロットカードなどで占ってもらうイメージが強い方が多いでしょう。直接対峙して占わなくても大丈夫なものかと不安に思うことは当然です。しかし、自宅にいながら自分の好きな占い師に時間を気にせず占ってもらいたい場合、電話占いは都合のいいものです。電話占いのを始めるためには、雑誌やインターネットのホームページなどに記載されている受付ダイヤルに電話して、要求された情報や連絡先などの先方に伝えます。この時に、会員登録の手続きを済ませる場合もあります。占ってもらいたい占い師や希望する占いの種類などがあれば必ず希望を出しましょう。同時に、おおよその料金の目安を聞いておくとよりいいです。続いて、紹介された占い師との連絡になります。占い師からコレクトコールで電話がかかってくるか、逆にこちらから占い師に電話をかけるかの2パターンがあります。通話料は、占いを受ける側の負担となることが基本です。中には、通話料無料の電話占いもありますので事前に確認しておきましょう。占い師からの電話がかかってきたら(もしくは、こちらからかけたら)、占いの始まる時間を確認します。占いが終了したら、時間の確認を行います。占い終了後は、オペレーターから連絡があるので、鑑定時間を確認しその分の鑑定料金が伝えられます。決済方法はクレジットカードや銀行振込みなどがあります。オペレーターを通さない場合は、占い師から直接料金が伝えられる場合もあります。なお、電話占いにはプロフィールシステムというものがあり、プロフィールシステムでは電話受付後、名前、生年月日などの情報登録を行って登録番号をもらいます。その後、自動システムによって折り返し電話がかかってきます。折り返し電話がかかってくるのは、電話番号確認の為です。電話番号を確認した後は、好きなときにその専用番号にかけて占い師に占ってもらうことができます。占い師を選ぶときは、声によるプロフィール情報を聞くことができますので気になる占い師を選びましょう。大体の流れは以上のとおりです。とはいえ、いざ電話占いに興味を持っても、どれを選べばいいのか悩みます。電話占いのホームページには占い師のプロフィールが掲載されていますので、それらを比較し、自分にあった占い師を選択するといいでしょう。忙しい現代人にとって占い師の元へ足を運ぶことは、簡単なことではありません。また都会に住んでいれば占いを受けられる機会もたくさんありますが、地方では占いを受けたくても占い師が近くにいない場合もあります。様々な事情で直接占いを受けられない方は電話占いを活用するのもひとつの手段といえるでしょう。